兵庫県たつの市・太子町の進学塾・集団指導・個別指導・大学受験指導・代ゼミサテラインなら青雲ゼミ


校舎長ブログ

個性のある先生方の日記です♪

2019.8.2  青雲ハイスクール 熊橋先生

やっぱり代ゼミが良い!

高校生の夏、8月に突入しました。
今年の塾生の皆さんの勉強もなかなか良い感じで進んでいると思います。

今日は前回のブログに引き続き、英単語・長文読解の次に行っている1日2コマの代ゼミ受講について説明します。
夏期講習中の時間割は朝10時から11時40分までは高3生全員が英単語シャドーイングや単語テスト・長文読解を行う共通プログラムです(詳しくは前回、前々回のブログを見てください)。

その後、1コマあたり80分の枠で1時限から7時限までの7コマの時間を用意しています。
7コマの内2コマは代ゼミ受講、残りの5コマは代ゼミの予習・復習の時間、参考書を使った演習、数学の確認テストなどそれぞれの現状と志望校に合わせて個々に作成した学習計画に従って進めてもらいます。
青雲ハイスクールは代ゼミが受講できる塾ですが、代ゼミだけというわけではありません。
代ゼミの授業をちゃんと生かせるように予習・復習の時間を確保し、代ゼミを取っていない科目でも受験に必要な科目は参考書・確認テストを使った演習で学習計画に盛り込みます。
中でも1日2コマの代ゼミ受講がポイントです。
これ1日1コマでも1日3コマでもダメなんです。
1日3コマだと代ゼミの各授業に対する予習・復習をする時間が確保できず、見て「わかった」だけの状態になります。
「わかった」の後に「トレーニング(復習)」をすることで「出来る」ようになって行くのはいつもお伝えしている通りです。
青雲ハイスクールではこの「トレーニング」の時間を大切にしています。
また1日1コマだと無理なく1日1日の勉強が進められてストレスも少ない夏休みが過ごせますが、でもそれってマイペース調整をしていることになります。
アスリートでも大きな大会で結果を出そうと思ったら、マイペースで調整をするのではなく、監督やコーチから厳しいメニューをもらって、それを必死にこなしていくことで力をつけていくと思います。

みなさんには到達目標と期限があります。
マイペースで進めて、その結果目標にたどり着くなら慌てずにゆっくり進めても良いのですが、たいていの場合はマイペースで無理なく進めると目標までたどり着けないことが多いです。
そんなわけで1日2コマの代ゼミ受講が「人生で1番勉強した夏にする」の達成には最適なのです。

高校生の夏、まだまだ続きます。
多くの高3生が朝10時から夜10時まで勉強していることに驚いています(塾から帰る時間は自由なのですが、みんな帰らないんです)。
今日のブログは長くなりました。

次回のブログでは「嬉しいお知らせ」があります。
お楽しみに。


シャドーイングで1日をスタート!


戻る