兵庫県たつの市・太子町の進学塾・集団指導・個別指導・大学受験指導・代ゼミサテラインなら青雲ゼミ


代表ブログ

こどもたちを見守る代表の日記です♪

2019.8.8

夏の勉強は一生の思い出
私が大学受験をした頃は4当5落といって、睡眠時間が5時間を超えるようでは 志望大学に合格しないといわれていた時代です。
夏休みの間、私は大学の図書館で朝から夕方まで勉強していました。
本当は高校生が入ることはできないのですが、もぐりで勉強していました。
今では入館証を見せないと絶対に入れないでしょう。夢のような時代でした。

図書館を出てきてもまだ高校野球の決勝戦をしていました。
三沢高校対松山商業です。延長18回まで0対0。
太田幸司投手と井上明投手の投げ合いでした。
もちろんこの試合は後世まで語り継がれる名勝負になったわけですが、 私もあの夏は一生忘れられない、熱い夏になりました。

あの青春の真っただ中、一心不乱に勉強する。一生の宝物です。
受験勉強でも、高校野球でもなんでもいい。あれだけ打ち込めるのも若い時しかありません。
若い皆さん、一生懸命にうちこみましょう。




言葉は魂。発する言葉で自分の人生を決めてしまう。


戻る